雨の逃避行

作品番号 1634691
最終更新 2021/04/16

雨の逃避行
/著
恋愛・青春

64ページ

総文字数/ 69,516

.



「そんな昔の記憶 押し付けてくんなよ」


大好きだったきみは、もう何処にもいない。


⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

「…私の気持ちなんて塩見くんにはわかんないよ」
弱気で消極的な' うみちゃん '

×

「七草さん見てるとムカつく」
捻くれ者で不器用な' 青くん '

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰




「七草さんの知ってる俺はここにはいないよ」

「…私たち、全然頑張ってないね」
「頑張ったって、願ったって、アイツはかえってこないから」




何も知らない純粋なままの幼なじみだったあの頃にはもう、戻れないのなら。





「………俺のこと許してよ、うみちゃん」


私の涙も、きみの涙も、
すくえなかったあの涙も、


全部連れて このまま何処かへ逃げ出してしまおうか。



雨の逃避行

この作品のキーワード

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:2

この作品をシェア

pagetop