『後宮』の〈最下位妃〉と冷酷な半龍王の契約

作品番号 1634274
最終更新 2021/05/02

『後宮』の〈最下位妃〉と冷酷な半龍王の契約
ファンタジー

23ページ

総文字数/ 31,884

ランクイン履歴:総合8位 (2021/05/07)

~天より贈られし『甘露』降る大地

仁政を施す王現れる証

これ瑞兆なり~


あらすじ
陥落寸前の瑤華国で死を望み毒を飲んだ最下位妃、苺凛。けれど毒は死ではなく霊力のある花をその身に咲かせる異能を苺凛に与えた。一方、軍を率いて瑤華国を征圧した釆雅国の第二太子、洙仙。彼は龍族と人の血が混ざった冷酷な男だった。
「花が咲き続ける限り、おまえは俺から逃れられない」
死を願う苺凛に洙仙は冷たく笑う。冷酷で意地悪な洙仙が嫌いな苺凛だったが、花に秘められた真実を知ってから気持ちに変化が……。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:30

この作品をシェア

pagetop