姫路駅前で伊能さんを泣かせてしまった

作品番号 1633415
最終更新 2021/03/26

姫路駅前で伊能さんを泣かせてしまった
歴史・時代

7ページ

総文字数/ 4,898

ランクイン履歴:総合97位 (2021/03/30)

日課の散歩に繰り出した姫路駅前。

そこにいたのは伊能忠敬だった。

タイムスリップしてきた原因を探ろうとスマホを取り出すと、みるみる顔色が変わって……。
あらすじ
リモートワークの気晴らしに散歩中、日本地図の父・伊能忠敬に出会う。

タイムスリップしてきた原因を探るべく、スマホを取り出したのがまずかった。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:5

この作品をシェア

pagetop