不遇の花詠み仙女は後宮の華となる

作品番号 1633021
最終更新 2021/04/04

不遇の花詠み仙女は後宮の華となる
ファンタジー

66ページ

総文字数/ 143,769

ランクイン履歴:総合3位 (2021/04/05)

・全6章+閑話2
・1日4回(7時,12時,18時,23時)更新。初回は3/23 12時から更新予定。
・3/28 12時更新分で完結
あらすじ
花を用いる仙女は偽りの妃となり、後宮の呪いを解く

髙の山奥にある華仙一族の隠れ里に住むは、華仙術に秀でた者の証として花痣を持ち生まれた娘、華仙紅妍。
花痣を理由に虐げられる生活を送っていた紅妍の元にやってきたのは髙の第四皇子、秀礼だった。
花が詠みあげる記憶を拾う『花詠み』と、鬼霊の魂を花に渡して祓う『花渡し』。
妃となった紅妍は華仙術を用いて、鬼霊が巣くう宮城で起きる事件を解き明かす。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:62

この作品をシェア

pagetop