籠の中の鳥

作品番号 1630884
最終更新 2021/03/06

籠の中の鳥
恋愛・青春

9ページ

総文字数/ 6,016

終わりにしたはずの人生。
手放したはずの命。

それを助けたのは私が一番嫌いな職業の人。
頭と体は逃げたいと叫んでいるのに、心は逃げたくないと抵抗する。


『ずっとここにいたい』


こんなことは初めてで、もう少しだけ生きてみてもいいかも…と気まぐれを起こしたことが全ての始まり。

私にかかわったせいでこんなに迷惑をかけたのに、あなたは笑って流してしまう。
そんなあなただから、離れたくないと思った。

あなたは私の全て。
私を光の世界に連れ出してくれてありがとう。
死ぬまで愛してる。
あらすじ
柊やちる。
家庭環境に問題あり。
享年17歳。

――になるはずだった。
前田拓也26歳、職業警察官。
彼に助けられたことにより、やちるの人生が、未来が拓かれた。

この作品のキーワード

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop