あれから1週間、俺たちは毎日学校に行った。

 午前中は文化祭の準備をし、午後はサッカー部の練習。

 登校してくる生徒も日を増すごとに増えてきた。

 文化祭の3日前からは部活が休みになり、全生徒が必ず登校することに決まっている。

 そして当日までクラス全員で文化祭の準備にあたった。

 そんなあわただしい生活を続けて今日は文化祭2日目。

 昨日の文化祭1日目は、それなりに楽しんだ。

 サッカー部のみんなとも結構騒げて、一般の人はいない、校内の人たちだけでも随分と楽しめた。

 でも文化祭の本命はやっぱり2日目の今日の方だ。

 大体の出し物などは一般の人も来る今日に予定されているため、昨日の校内のみでは文化祭としてのやることは少なく、基本的にサッカー部でバカ騒ぎしているだけだった。

 もちろん、それもいつもはめったにできないことなので、とてもいい時間を過ごすことができた。

 今日の午後は3人で文化祭を満喫しようということで、朝から入念に計画を練った。

 それから俺と雅也は午前中の自分たちの担当を無事に乗り切り、待ちに待った時間がようやく来た。

「さてまずは昼ごはんからだな」