朝、自分でかけた目覚まし時計の鬱陶しい音で目が覚める。

 起きたばかりの知能のない体がその音を反射的に止める。

 まだ耳の中がキーンと残響を繰り返している中、俺はふと、さっきまで夢の中で会っていた女の子のことを思い出した。

 もうこれで何度目だろうか。

 初めてこの夢を見たのは確か3ヶ月ほど前。

 顔も名前もわからない女の子と2人で遊ぶ夢。

 遊ぶものや場所など、多少の違いはあれど、いつも同じ女の子と必ず2人っきり。

 ただの夢のはずなのに、その子のことが不思議と忘れられなくて、もう一度夢で会いたいとさえ思ってしまうほどだった。

 その時、まだベッドの上にいる俺を急かすように、目覚まし時計が再び鳴る。

 俺はそれを素早く止めてベッドから起きた。

「あら、おはよう、幸介」

 階段を下りて、リビングにいたのはエプロンを着た母さん。

 栄養満点の朝ごはんとお弁当が既に用意されている。

 俺は小さな声で「いただきます」と言い、少し急ぎ目に朝食を掻き込んだ。

 それから制服に着替え、お弁当を持って家を出る。

 すると丁度俺の家の前を通り過ぎようとしている友達に出くわした。