夜雨を彷徨って

作品番号 1625887
最終更新 2021/01/11

夜雨を彷徨って
その他

16ページ

総文字数/ 8,510



夜雨の中、きみを失わない未来を探した。




「好きだよ」



伝えたかったのは、本当に必要だったのは


その一言だけだったのにな。






title:雨(@f_____n4)様


あらすじ
本当に、馬鹿みたいな駆け引きだった。『付き合おうと思うんだ、ハラダと』───願わくば、悔いのない日々を。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop