過激派稲荷と願いの宝珠

作品番号 1623519
最終更新 2020/12/21

過激派稲荷と願いの宝珠
歴史・時代

38ページ

総文字数/ 31,921

ランクイン履歴:総合42位 (2020/12/17)

琴吹 美園(ことぶき みその)、高校3年生。
所属する演劇部の主演に見事抜擢された美園は、神社で演劇の成功を願う。
その願いは何故か神様ではなく、狐のあやかし・吉柳(きりゅう)に届いてしまった。
吉柳は100年ほど昔の時代から来たのだという。
すぐに願いを叶えてくれるのだと思った美園だったが、吉柳はなぁなぁにこの時代に居ついてしまった。
おまけに吉柳は和装を愛する過激派で、現代の衣服事情を知っておおいに嘆く。
せっかくやってきたのだ、この世に和装の良さを広めてやろうと奔放に活動する吉柳と、演劇とついでに恋に奔走する美園。
果たして美園(と吉柳)の願いは叶うのだろうか……。

キャラクター短編小説コンテスト
第13回『明治・大正時代のあやかし』応募作品

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop