小さい屋根の大きなお家

作品番号 1622788
最終更新 2020/12/02

小さい屋根の大きなお家
恋愛・青春

120ページ

総文字数/ 107,627

亡き母が遺した小さな家には、 不思議なものがたくさん住んでいた――大人の恋愛ファンタジー
あらすじ
社内恋愛をしていたはずの男は、後輩の女の子を選んだ。
二人の結婚式当日。
水城万千は、シャンパンボトルを割って、無言の牽制をする。
しかし怒りはくすぶりつづけたままだ。

万千は兄の依頼により、『誰もが入ることを拒否されている』亡き母の家を訪ねることに。
なぜかたった一人で立ち入ることができた万千の前には、数々の“不思議なもの”が姿を現すのだった。

✩表紙はかんたん表紙メーカーさまで作成しました

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop