INVISIBLE -未解決事件怪奇ファイル-

作品番号 1616845
最終更新 2020/09/28

INVISIBLE -未解決事件怪奇ファイル-
ミステリー

3ページ

総文字数/ 1,891

――見える。




それは本当に真実なのだろうか。





――見えない。





それは本当に偽りなのだろうか。





見えるから真実とは限らない。





見えないから偽りとは限らない。





見える偽りがあって、見えない真実がある。





真実と偽り。





それはもしかしたら、紙一重なのかもしれない――。






※批判などは受け付けません。
※誤字脱字あります。
※更新はマイペースです。

あらすじ
捜査一課の刑事として働く傍ら、15年前に殉職した父の死の真相を追う京弥生はある日、不可解な事件と遭遇。
不可解な事件に真相は見えず行き詰まったときに事件を解決する為に上司から紹介されたのは大学生の久宝千隼という少年。
甘党ヘタレの彼は見えないものが見える体質で、今回の事件もそれが関係していると言い
――。
――見えるものだけが真実とは限らない。
見えないものこそが事件の真相を紐解く鍵となる――。

目次

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop