ラムネ

作品番号 1613972
最終更新 2020/08/27

ラムネ
恋愛・青春

1ページ

総文字数/ 5,285

自覚したその瞬間、私の胸の中でビー玉の落ちる音がした。
あらすじ
 高校三年生の夏休み、塾から家へと帰るはずだった私は気づくと夏祭り会場である神社の参道に立っていた。思い出すのは幼い頃に一度だけ兄と行った夏祭りとその時に買ってもらったラムネのこと。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop