彼が店に現れなくなって、半月ほどが過ぎたある日。
 その日は朝から雨がしとしと降っていて、なんとなく憂鬱だった。

「雨、なかなか止まないね」
「そうね」

 水滴のたくさんついた窓を見上げながらピゲがぼやくと、作業台で銀の懐中時計を見ていたリリカが短く答えた。昨夜、閉店間際に預かった新規のお客さんの時計だ。
 リリカはキズミを外し重く溜息をついた。

「これは、もうダメかも」
「え?」

 その顔が珍しく悲しげに曇っている。まるで今日の空模様のようだ。

「中、錆びだらけ」
「直せないの?」
「元々古いものだからね、代わりの部品がもう無いものもあるわ」
「魔法で……」

 じと、と睨まれてピゲは口をつぐんだ。

「古さで言えば、そっちの金の懐中時計の方が古いけど」

 リリカはあの男の懐中時計の方を見つめてから手元の懐中時計に視線を戻し、また溜息をついた。

「こっちは傷だらけで痛々しいくらい。もう休ませてあげたいな」

 そのときピゲの耳がぴんと立った。

「リリカ、お客さんだよ」

 外に出している傘立てに傘を置く音のした後でカランコロンとベルを鳴らし入ってきたのは。

「いや~、今日は生憎の天気だね」
「あっ」
「あっ」

 帽子とコートを手にした笑顔の彼を見て、リリカとピゲは同時に声を上げた。

「なんだい、幽霊でも見たような顔をして」
「はぁ~~」

 クスクス笑いながらこちらに歩いてくる彼を見て、リリカは長い長い溜息をついた。

「ちょっとバタバタしてなかなか時間が取れなくてね。ひょっとして、心配をかけてしまったかな」
「貴方の心配じゃなくて、この子の心配をしていたんです。このまま置いていかれるのかと思いました」

 リリカは仏頂面でカウンターに移動し金の懐中時計を彼の前に出した。ピゲはそんな彼女を見ながら素直じゃないなぁと思った。

「あれから、勝手に動いたりは?」
「いえ、何も」
「それは良かった」
「良くないです。もういい加減持ち帰ってくださいませんか?」
「うん。今日はね、この時計を受け取りに来たんだ」
「え」

 リリカが短く声を上げた。
 ピゲも驚いて、少し寂し気な顔をした彼を見上げた。

「実は、もう直す必要がなくなってしまったんだよ」
「……どういうことです?」
「この時計の持ち主が、急に亡くなってね」

 リリカの目が大きく見開かれるのをピゲは見ていた。