その夜、金の懐中時計は仕舞わずにカウンター上に置いたままにした。ピゲはぐっすり眠っているリリカの隣に潜り込んで2時28分まで寝付けなかったけれど、結局昨日のような音はしなかった。お蔭でピゲは今日も少しだけ寝不足だ。

 朝から何度目かの大きなあくびをして、ピゲは言った。

「今日も来るかな。あの人」
「さぁ」

 そう答えてからリリカはキズミを外し振り子時計を見上げた。

「まぁ、来るとしたら多分そろそろ……」

 そのときピゲの耳がピンと立ちドアの方を向いた。リリカが呆れ顔で続ける。

「ほら」
「やぁ、リリカちゃん、ピゲ」

 ドアを開け顔を覗かせたのはやっぱり彼だった。――が、店内に彼が足を踏み入れた途端リリカとピゲの表情が強張った。

「フーっ!」

 彼に向って、ピゲは全身の毛を逆立て威嚇の姿勢をとる。

「え、ピゲ? どうしたんだい」

 戸惑うように彼がリリカの方を見ると、リリカも険しい顔つきをしていた。

「それはこっちの台詞です。どうしたんですか、ソレ」
「ソレ?」

 リリカは彼を――彼の背後を指さした。

「良くないものが憑いてます」
「えっ」

 驚いて振り返るが何もいない。彼には何も見えなかった。
 でも、リリカとピゲには禍々しい気を纏った“ソレ”がはっきりと見えていた。

「とりあえず祓いますので、少し伏せていてください」
「え」

 前を向き直るとこちらを指さしているリリカの長い髪が風もないのにゆらゆらと揺らめいていて、彼は慌てた様子で姿勢を低くした。

「――魔女リリカ・ウェルガーの名において命じます。悪しきものよ、今すぐ彼から離れなさい」

 リリカの目が鋭く見開かれる。

「退!」

 彼女の指から放たれた光が、“ソレ”に向かって矢のように飛んでいくのをピゲは見ていた。光の刺さった“ソレ”は悔しそうな金切り声を上げ、霧散した。
 ふぅ、と息を吐いたリリカを見てピゲも威嚇の姿勢を解く。

「消えましたよ」
「え? あ、ありがとう」

 彼は何度も背後を振り返りながらゆっくりと立ち上がった。

「一体、何がいたんだい」
「わかりやすく言うと、悪魔です」
「悪魔」

 彼はぽかんと口を開けた。