浅草の喫茶店と探偵ミステリー~血に染まった赤いバラ~

作品番号 1612078
最終更新 2020/09/27

浅草の喫茶店と探偵ミステリー~血に染まった赤いバラ~
ミステリー

115ページ

総文字数/ 104,244

20××近未来。東京で賑わう下町・浅草。
ひっそりと建っている喫茶店は、週4日営業。
コーヒーも軽食も美味しいのに店長は、かなり変わり者だ。

何処が変わり者かだって?

それは、ミストリアスで、掴み所がない性格もだが
裏では、探偵事務所とかをやっているからだ。

そこにバイトに入った苦学生の俺は、
今日も店長の無茶ぶりに振り回されながらも
バイトに励んでいた。しかしある依頼から自分の身にも
危険が出るようになり……?

事件に起きた謎。黒い組織の謎。
ミステリーに隠された真相は……?

喫茶店店長&探偵事務所オーナー。
神崎桃哉(かんざき とうや)年齢不明。

主人公&大学生。
立花駆(たちばな かける)20歳。


2人の男が挑む恐ろしく悲しい謎解きミステリー。


※素敵な表紙は、紺野遥様に提供して頂きました!

エブリスタの特集に載りました!

*注意。
野いちごやベリカで以前書いた
『ヤクザと純愛の成れの果て』をリメイク。
キャラから構成やストーリーを全て変更。
前のは、非公開にしました。
誤字、脱字があったら申し訳ありません。
口の悪いレビューは、ご遠慮ください。
ご理解頂けない場合は、予告なしに
通報するか消去致します!

公開日・2020.8.9。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop