突然あらわれたオッサンは『孔子』と名乗ってるけど、大阪弁しゃべります

作品番号 1611889
最終更新 2020/09/08

突然あらわれたオッサンは『孔子』と名乗ってるけど、大阪弁しゃべります
恋愛・青春

6ページ

総文字数/ 31,885

ランクイン履歴:総合19位 (2020/09/17)

オレの家に突然現れた人物は、中国の名高い儒教家『孔子』だった!


「おい、こら、なにボサッとしてんねん。はよ、リンゴ、買うてこんかい」


……え? リンゴ? てか、なんで大阪弁をしゃべるの??

イヤミな学友に、ゆりやんレトリィバァ似の彼女。昔なじみの武蔵新城商店街。

オッサン『孔子』に翻ろうされるオレのキャンパス生活が始まった。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop