昔々ある所ある時、シンデレラがキレました

作品番号 1611461
最終更新 2020/08/23

昔々ある所ある時、シンデレラがキレました
義勇/著
ファンタジー

10ページ

総文字数/ 14,870

わたくし、エラと申します。
父上が再婚されたトレメインおば様や、その娘、ドリゼラ姉様とアナスタシア姉様がわたくしのことをシンデレラなどと呼ぶせいで、世間一般、わたくしは『シンデレラ』と認識されていますが、わたくしには母上に戴いたエラという名前があるんですわ。
父上は、本っ当に人を見る目がないわ。
そのせいでわたくしは、日々苦労しているのです。
よよよ…。
まあ、父上の言い付けを守らずに勝手に街を出歩いたわたくしも悪いのですけれど。
ほんの悪戯心だったのですわ。
まさか、誘拐されてこんな所に閉じ込められるなんて、思わなかったんですもの…。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop