森錠のロックはキーが無くては開かない

作品番号 1611231
最終更新 2020/08/07

森錠のロックはキーが無くては開かない
ファンタジー

6ページ

総文字数/ 3,626

 森に入ってはいけない。
 共に暮らす青年との約束を破って、少年は何度も足を踏み入れようとしてしまう。

 記憶を奪う忘却族と記憶を与える記憶族。
 どこからか囁かれる不思議な声は、誰のものなのだろう。




*BLではないですが苦手な方はご注意ください。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop