シャープペンシルより愛をこめて。

作品番号 1610902
最終更新 2020/09/20

シャープペンシルより愛をこめて。
恋愛・青春

243ページ

総文字数/ 112,086

あくまでも直筆原稿にこだわる女性恋愛作家・巻田ナミ(23)×S系担当編集者・原口晃太(28)。

「パソコンを習え」とイヤミ攻撃をするわりには,ナミの小説を一番理解し愛している原口に,実はナミは恋心を抱いている。

でも,彼女にとって原口は「苦手な存在」。これまで惹かれたことのないタイプの男性に恋をして,ナミはどうしていいのか分からなくなる。

ある日,ナミは彼の意外な一面を偶然知り,二人の距離はほんの少し縮まる。
「この恋に真剣になってみよう!」――。ナミは決心した。

ところが,作家デビューして間もなく別れた元カレ・井上潤(23)がすぐ近所に住んでいることが判明し,ナミは潤から復縁を迫られる。

別れた原因は,潤が作家としての自分を理解してくれなかったことだと思っていたナミだが,自分も小説のことで頭がいっぱいで潤への思いやりが足りなかったのでは……と悩む。

そんな彼女に,原口がエッセーの執筆を依頼する。
いつも応援してくれるファンへの感謝の想い・そして原口への想いを込めて,ナミは白紙の原稿用紙にせっせとシャープペンシルを走らせる――。

☆この作品は「エブリスタ」「ベリーズカフェ」その他サイトでも連載中です。
あらすじ
大学の文学部時代に作家デビューした人気恋愛作家・巻田ナミ(23)。
彼女の作品は,シャープペンシルによる直筆原稿によって生み出される。が,いかんせんパソコン書きの作家より原稿は遅れがち。
担当編集者の原口晃太(28)からは「パソコン,習ったら?」としょっちゅうイヤミを言われているが,それでも彼女は直筆にこだわる。
ナミにとって原口は,口うるさくて一番苦手な相手。だったはずが……!?

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop