どうも、悪役令嬢(♂)です

作品番号 1610621
最終更新 2020/07/31

どうも、悪役令嬢(♂)です
SF・冒険

3ページ

総文字数/ 969

未設定
あらすじ
スカーレット家の次男として生まれたリクはある日父から「お前はいらない」と直接言われた。

「あなたはディアナよ。」

女の子が欲しかった母はリタが死んだことにして死んでしまったリクの双子の姉、ディアナとしてリタを育てるようになった。リタがディアナになって2年後、魔法学園に通うようになったリタはなぜか悪役令嬢だと噂されるようになった。

「僕が悪役令嬢だなんて変なの。だって僕は男だ。令嬢じゃない。」

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop