拝啓、高校生の僕へ

作品番号 1609781
最終更新 2020/07/19

拝啓、高校生の僕へ
恋愛・青春

6ページ

総文字数/ 2,912

主な当時人物(増える可能性有り)

佐藤涼真(16歳)…主人公 高校生

西塚陽菜(16歳)…ヒロイン 高校生
       涼真とは違う高校
小林晴翔(16歳)…涼真の親友 高校生
       涼真と同じ高校

今藤隼人(16歳)…陽菜と同じ学校の高校生
       涼真と陽菜を取り合う

佐藤涼真(26歳)…社会人 

小林晴翔(26歳)…社会人 涼真の親友
あらすじ
26歳になった僕は一つだけどうしてもなくしたい後悔がある。
小学生のころから好きだった西塚陽菜にずっと前から好きでしたと伝えられなかったことだ。
彼女はもうこの世界にはいない。
僕は、彼女のこと今でも愛している。
過去の自分に書いた手紙を僕は窓から紙飛行機にして飛ばした。
どうか、高校生の僕に届きますように。
未来が変わりますように。

この作品のキーワード

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop