茜色の夏

作品番号 1609017
最終更新 2022/07/26

茜色の夏
SF・冒険

7ページ

総文字数/ 2,919

時を超え、思い出のあの日へ

懐かしく、ただ楽しかった夏

そう思っていた

時を超えた、夏の収穫祭の思い出
思い違いだと思っていたあの思い出に隠された、本当の真実
1粒の種が導く、青春物語。
あらすじ
賢太はある日、友達の玲斗に小説部の部室に呼ばれ、1粒の蓮の種を貰う。玲斗が言うには、この蓮の種には時間を巻き戻す力があるというのだ。賢太は玲斗の頼みで、過去へと戻るが、ついたのは謎に包まれた、不思議な体験をした日であり、賢太にとっての大切な、最後の「大蓮村収穫祭」の日。気になった賢太は謎を解くため、夏祭りに出かけるが、そこでは思いも寄らない衝撃の真実が!思い出の日の謎を解き明かす、青春物語。

この作品のキーワード

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop