青く朧げな春に幸あれ

作品番号 1606744
最終更新 2020/06/18

青く朧げな春に幸あれ
恋愛・青春

94ページ

総文字数/ 90,383

「罪を犯してない人間なんてこの世にいんの?」


誰にでも優しい学級委員の香川さん
怖くて近寄りがたいヤンキーの桐原くん
そして、マザコンの瀬名くん

〝自分の言葉にどれだけ責任が持てるの?〟
そう問いかけた少女も、
〝言葉って人も殺せるんだよ〟
そう自嘲した少年も、

誰もが何かを抱えて生きている。

仄暗い心の闇を――さぁ溶き明かそうか。
青くて、真っ白な、朧げな春を迎えに行こう。
きらり、と、ちくり、と、忙しかったあの時間に。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

★★★★★
投稿者:丸井とまとさん
ネタバレ
脆くて優しい物語
レビューを見る

2020/09/29 18:13

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop