初めての恋も、初めての失恋も、君と。

作品番号 1606648
最終更新 2020/06/30

初めての恋も、初めての失恋も、君と。
七角/著
恋愛・青春

110ページ

総文字数/ 94,105

ランクイン履歴:総合19位 (2020/07/01)

春日翔和、十八歳。県立高校三年生。
恋愛経験なし。治療法のない「時限爆弾症候群(EID)」を患い、余命一年。
この一年間で見るもの、聴くもの、味わうものはすべて、最後の出会いであり、別れになる。

春。
ヒューマノイドの恋人と出会った。
多田野泰久と名乗った成人男性型ヒューマノイドは、綺麗で優しくて、少し意地悪。
「明日が来る」ことに、「死に近づく」以外の意味を持たせてくれた。

夏。
奇跡が起こった。
夏休みのアルバイト先で、ヒューマノイドの泰久と顔も名前も同じ研究員と遭遇する。
でも中身は正反対に素っ気なくて、なのに抱き締めてあげたくなった。

秋。
ままならない想いを知った。
最後の体育祭でされた告白と、その答え。
失う怖さがわかるから、踏み出す勇気の尊さがわかるし、自分も勇気を持ちたい。

冬。
泰久の秘密に触れた。
自分にできるのは、否定を肯定に交換することだけ。
泰久の素っ気なさの理由を理解した翔和は、人の弱さに向き合うことから逃げずに、手を伸ばす。

そして、二度目の春――。
人生で最初で最後の、かけがえのない瞬間を、あなたはどう過ごしますか?

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

すべての感想数:15

この作品をシェア

pagetop