八月三十二日のトワイライトブルー

作品番号 1606533
最終更新 2020/06/16

八月三十二日のトワイライトブルー
恋愛・青春

0ページ

総文字数/ 0

私の世界はグレーだった。

そんな薄暗い世界に、
君はとんでもない言葉を放ったよね。


〝俺に溺愛されたくない?〟


意味がわからない状況で、
君との距離は加速していく。


だけど、君はいつも何かを隠していて……。


八月三十二日のトワイライトブルー



タイトル提供:まぽん様
「タイトル祭」で、他の素敵な作品が読めます!

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop