[中学生の頃]



 中学生の頃の私は、小学五年生と小学六年生の延長だった。


 何も言うことができなくて、へらへらして。
 そんな情けない自分のままだった。