夕暮れは、きみを隠して

作品番号 1603252
最終更新 2020/05/20

夕暮れは、きみを隠して
恋愛・青春

140ページ

総文字数/ 129,996

ランクイン履歴:総合13位 (2020/06/01)

契約名は、「婚姻」。二人を言い表すならば、「他人」。
かみさま、おねがいします。

どうか、かのじょをきずつけないで。
あらすじ
『夕暮れは、人の気持ちをおかしくさせる。』結婚一年目、不器用な小説家と編集者が織り成す日常生活。優しくて残酷な秘密を抱えたまま、緩やかに愛は窒息して行く。積み上げるには永遠の時間を要するのに、崩す作業は恐ろしく呆気ない。二人の愛の行方。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

すべての感想数:5

この作品をシェア

pagetop