夏の終わり、君は透過する。

作品番号 1602313
最終更新 2020/06/07

夏の終わり、君は透過する。
恋愛・青春

123ページ

総文字数/ 51,707


正解がわからないこの世界、決して綺麗とは言いきれないこの世界。



僕ら人間は、今日も明日も、僕らなりの答えを必死に探していた。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop