星空のキセキ~二人の絆

作品番号 1601743
最終更新 2020/08/29

星空のキセキ~二人の絆
雪町/著
恋愛・青春

1ページ

総文字数/ 509

「・・・柚(ゆず)希(き)ちゃん」
 「今日も独り?」・・・親御さん達は?という看護師のありきたりな会話に飽きる。それは、いつものこと。同じ日々の時間が流れ始める中でたわいもない会話は仕方がないことだと自分に言い聞かせて。
柚希は誰にも言えない病気があった。子供の頃から持ち続ける病の性で誰も友達が出来ずに独りぼっちだった。でも心から唯一(ゆいいつ)の友達と呼べるのは幼い頃に出会った「辻 智之(としゆき)」君だけで、いつも一緒に居てくれる優しい人。
 病院側は公(おおやけ)にしないように隠し、彼はまだ私の真実のことについて知らない。小さい頃から体が病弱で医者からは二十歳まで生きられないことを宣告されてしまっていた。魔法で叶えてくれるのなら私の気持ちを聞き入れて欲しい―・・・。辛い病気を意図(いと)も簡単に打ち消して彼と一緒に居られる時間がいつまでも続ければ良いな。という夢に描いたことを想像しながら―・・・・・
 

この作品のキーワード

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop