花うつ師 ~飛梅~

作品番号 1600683
最終更新 2020/09/18

花うつ師 ~飛梅~
しろ/著
ファンタジー

11ページ

総文字数/ 23,443

ランクイン履歴:総合37位 (2020/05/09)

美しき姿香り立ち、人を喜び、人を怒り、人を哀しみ、人を楽しみ、人を酔わせ、
人を惑わし、人を呪うもの。

これ全て花の情なり。

人と花の想いが怪異を起こす。



※表紙「かんたん表紙メーカー」様より。
あらすじ
花が起こす奇怪な現象、通称「花怪異」。
花怪異の専門家である花うつ師、花守百花と助手を務める水天寺一碧の二人はある屋敷を訪れる。その屋敷の中庭では季節外れの梅の花が咲き、木の幹に一人の男が捕らえられていた。
百花は梅の花の記憶に触れる。怪異を引き起こした原因とは――。

目次

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop