逃避行から、ちょうど2週間後の金曜日。

それは4時間目の体育が終わり、教室に戻る途中のことだった。


昼休みを迎えたばかりで賑やかな廊下を、私たちは横に広がりながらいつものグループで歩いていた。


「さっきのバスケ、岸ぴーちょっとかっこよくなかった? 不覚にもあれはときめいた……」


「岸井、元バスケ部らしいよね。黙ってればかっこいい」


「分かる~」


みんなが同調だらけのガールズトークに花を咲かせる中、私はぼんやりユキのことを考えていた。


ユキは、最近体育に参加しない。

心ない陰口を言われても、体育館の端で座って見学している。


手足の長いユキだから、バスケなんてしたらかっこいいに決まってるのに。


体育に参加しない理由は分からない。

もしかしたら、人間に反抗できないよう制御している腕輪のせい?と考えて、そこでふと陰鬱な気持ちになる。


ユキのことを――エンプロイドのことを、私は分かったつもりでいたけど、もしかしたらまだまだなのかもしれないと。