あひみての

作品番号 1596899
最終更新 2020/04/11

あひみての
恋愛・青春

1ページ

総文字数/ 5,430

お水をあげなくても、
あげすぎても枯れちゃうんだって。
あらすじ
――或る男の重たい心の話――


熱情は砂漠に似ている。
恵みの雫は瞬く間に熱砂に吸い込まれて、まるで夢幻のようだ。
乾いた空を見上げて雨を乞う、さながら仙人掌のごとく。

*****

百人一首
〇四三(権中納言敦忠)

逢ひ見ての 後の心に くらぶれば 
昔は物を 思はざりけり

(訳)
 恋しい人とついに逢瀬を遂げた後の恋しい気持ちに比べたら、昔の悩みなど、何ほどのこともなかったのだなあ。

目次

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

すべての感想数:3

この作品をシェア

pagetop