縁結びの猫神さまは、私と恋野くんをこき使う

作品番号 1596258
最終更新 2020/04/12

縁結びの猫神さまは、私と恋野くんをこき使う
恋愛・青春

175ページ

総文字数/ 90,118

ランクイン履歴:総合62位 (2020/04/04)

好きだった桜庭先輩にフラれてしまった、高校1年生の花園紅子。

泣きながら駆け込んだ小さな神社で、同じ学校のチャラい茶髪男、恋野大雅と出会う。

翌朝、神社で再会した紅子と恋野は、縁結びの猫神さまを怒らせて、運命の赤い糸を結び付けられてしまう。

二人は糸を切ってもらうため、猫神さまのお手伝いをすることになるが、なんと最初の仕事は、あの桜庭先輩の縁結びをすることで……

失敗しても一生懸命な紅子と、怒りっぽくてやる気のない恋野くん。

猫神さまにこき使われながら、縁結びのミッションをクリアしていく、二人の青春恋愛物語。

*表紙は「かんたん表紙メーカー」様を使用させていただきました。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:58

この作品をシェア

pagetop