廃品回収車と君と僕

作品番号 1586566
最終更新 2020/01/11

廃品回収車と君と僕
ファンタジー

16ページ

総文字数/ 8,372

ランクイン履歴:総合57位 (2020/01/16)

「こちらは、廃品回収車です。ご家庭でご不要となりました廃品を回収致します。生きていても構いません。お気軽にご相談ください」


今日も街や村を廃品回収車が走る。

奴隷として生きている僕らが廃品となるのを待っている。

そして僕は今日もまた、回収された廃品を埋めるための穴を掘り続けていた。


これは廃品回収車と、廃品になる未来を待つ僕と、不思議な少女との物語。


そして裏切りの物語。
あらすじ
今日も廃品回収車が街や村を走り回る。

この世界は、“王族”“貴族”“平民”“奴隷”の4つの階級で人が区分されている。

大体の家庭に最低一人の奴隷が生かされている。

少年・シュウは廃品回収された奴隷の処理として土を掘るためだけに生かされている奴隷であった。

ある日、シュウはアイという不思議な少女に出会う。

アイは普通の奴隷とは違う価値観をもつ不思議な少女であった。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop