死ぬのは怖くない。

むしろ、死は安らかだ。

死んだらどうなるのかはわからない。

天国へ行くのか、

地獄へ落ちるのか。

はたまた別の生き物に転生するのか。

それとも、実はこの世界がゲームのようなもので、
ゲームオーバーとなって元の世界に戻るのか。

死んでみないことにはわからない。

確証はないが、おそらくは無に還るのだと思う。

何も見えない。

何も聞こえない。

何も感じない。

何も考えられない。

完全なる無。

生まれてくる前と同じ状態に。

それは、ある意味で安らかだ。

そこは、すべての生き物が還る場所だ。

だから、死ぬこと自体は怖くない。

本当に怖いのは死に至るまでの過程だ。

長い長い苦しみを味わった後に死ぬのは地獄だ。

無理やり生かされて、
何十年も苦しんだ後に、
ようやく死ねる。

そんな事例もある。

発達した医療と過剰なまでの人権意識が生んだ
新たな悲劇。

私は思う。

『死ねない』

これ以上の恐怖はないと。

想像してほしい。

指先ひとつ動かせない状態で、

見ることも、

聞くことも、

しゃべることもできず、

点滴によって延々と生かされるだけの人生を。

いっそ殺してくれと、誰もが思うだろう。

それでも、いつか死ねるならまだいい。

どんなに苦しくても、
いつかはそこへたどり着けるという
唯一の希望がある。

しかし、
もしそんな希望すらなくなってしまったら?

私が考えうる限り一番怖いのは……

永遠に死ねないことだ。

一億年

一兆年

どころではない。

無量大数の無量大数乗

こんな途方もない年月が経とうとも、
まだ死ねない状態。

これに勝る恐怖があるだろうか?