銀葉館の新米占い師と二人の館主

作品番号 1585966
最終更新 2020/01/19

銀葉館の新米占い師と二人の館主
ヒューマンドラマ

20ページ

総文字数/206,179

ランクイン履歴:総合79位 (2020/01/07)

心機一転して新しい場所で頑張ろうとする新米占い師・文目(あやめ)。
文目が働くことになった洋館「銀葉館(ぎんようかん)」の、ちょっと不思議な関係の双子の館主・柊(ひいらぎ)と楠(くすのき)。

そして、「銀葉館」に引き寄せられるように訪れる人たち……。


「これからは自由に生きろ、後悔のないように生きろ」
と言った父親の言葉に励まされながら、新米占い師の文目が成長していく、少し不思議なお話です。




※「銀葉(ぎんよう)」とは「ギンヨウアカシア (Acacia baileyana)」=ミモザのことです
あらすじ
仕事を辞めた文目(あやめ)は、十数年振りに小さい頃に住んでいた街を訪れる。

理由は「幽霊」を探すため……。

そして、文目は和服姿の青年に声を掛けられる。
青年は文目の小学校時代の初恋の人だった柊(ひいらぎ)だった。

文目が占い師の仕事を探していると知ると、柊は「自分のところで働かないか?」と誘ってくるが……。



※他投稿サイトにも掲載しています

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop