おまえだけは生きて苦しめ

作品番号 1585315
最終更新 2019/12/30

おまえだけは生きて苦しめ
恋愛・青春

3ページ

総文字数/3,551


「……お、お、お前は、……どーうして、そこまで、……私に、何かを……し、し、しようとするんだ」



「俺……多分どっかおかしいよ。萌歌が何思ってても、俺と一緒にいられるの嫌でも、俺のこと大嫌いでも、俺は一緒にいられて嬉しかった。性根が腐ってんだろうな……」




「私はずっと、弱い。誰かのためならと思ったけど、結局弱いままだった、どうしても、逃げてしまった。だから、ごめん」






それは、不登校だった少女と、いじめに加担する少年による死に物狂いの恋と復讐の話
あらすじ
吃音を持つことを理由にいじめられ、高校では目立たぬよう過ごす萌歌の前に転校生として現れた清水は、クラスの中心人物となりながら会って日の浅い萌歌を助ける行動を取りはじめる。戸惑う萌歌であったが、ある時清水は皆の前で萌歌を馬鹿にし始める。清水の豹変に対し萌歌は復讐を企む中、あることがきっかけで清水は常軌を逸っした行動を取り、大きな問題を引き起こし……

過去作「クラスのパリピ~」の改題、改稿版です。

目次

この作品のキーワード

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop