君を愛したから僕は壊れた

作品番号 1585146
最終更新 2020/01/14

君を愛したから僕は壊れた
恋愛・青春

27ページ

総文字数/22,573

ランクイン履歴:総合86位 (2020/01/08)

その眼は人を壊す。



ごめん、弥生。

君を愛すれば愛するほど壊れていく。

この眼も、手も、身体も、全部君を傷つけていく。

ただ守りたいだけなのに、僕は壊れていく。



君を愛したから僕は壊れたーー。



人間凶器となった少年
早瀬 蒼

×

記憶喪失の少女
弥生
あらすじ
施設で生きていた少年・蒼はある日早瀬と名乗る男に引き取られる。

早瀬は研究に生きる人間であり、蒼は人体実験として目を奪われる。

新たに手に入れた目は、人の精神を破壊するものであった。

人間凶器となった蒼は、早瀬の言うがままに人の精神を壊していった。


春の兆しが見える時期のこと、早瀬に渡された少女に弥生という名を与える。

純粋無垢な弥生と接しているうちに、蒼は弥生を愛していく。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop