代わり映えのしない日常に、ちょっとしたイレギュラーがあった。

――ただそれだけのはずだった。



「工藤さん、お昼行きませんか?」

土日の休日を挟み、迎えた月曜日。
13時を回り、ランチへ向かう人が多くなってきた頃合いでそう声を掛けてきたのは、同じ部署で働く親しい後輩だった。

「うん、行こっか」

頷いて立ち上がった私は、鞄を肩に掛ける。

「今日は何にする?」
「強いて言うならあっさりしたものが良いです」
「んー、じゃあ裏手の和食屋さんかな」
「いいですねぇ~!」

会社内にはテイクアウトのみのカフェがあるけれど、食堂の類はない。ランチは買ってきて各部署の飲食スペースで食べるか、外食で済ませるかだ。

会社周辺には飲食店が多くて飽きないので、ランチは日々のちょっとした楽しみ。
今日は和食処へ向かうことにして、私たちは会社を出た。

「いらっしゃいませ。2名様でよろしいですか?」
「はい」
「奥のお席へどうぞ」

ピークタイムを過ぎたのか、席に余裕がある店内。

客はほとんどが付近の会社から昼食を食べに来ている会社員なので、BGM替わりのテレビ音声がある程度聞き取れるほど、静かで落ち着いている。
半個室に通されて早速メニューを見てみると、日替わり海鮮丼は鉄火丼。美味しそうだ。

「工藤さん、決まりました?」
「うん、海鮮丼にする」
「お、一緒ですね。了解です」

近くにいた店員を呼び止めて注文を伝えると、彼女はおもむろにお茶をぐいっとあおり、肘をついて少し身を乗り出した。
口元には、何かを企むような不敵な笑みが浮かんでいる。

「さてさて、工藤さん」
「なに?」
「週末、何かいいことありました?」
「…………」

――朝から時折視線を感じると思ったら、それが聞きたかったのか。

普段は大雑把であっけらかんとしているのに、こういう時だけ妙な鋭さを発揮する彼女に溜息を一つ零し、湯呑みに手を伸ばす。

「無言は図星と解釈しますよ~」
「はいはい」

「工藤さん、何だかさっぱりしたような……? 上機嫌っぽくも見えるし、気になります」
「上機嫌ねぇ」

「そうですよ、ちょっとだけなんで気付いてる人は少ないと思いますけど。で、どうなんですか? もしかしてもしかして、いい男でも見つけました?」
「…………」

「無言は図星と解釈します。ふふ、工藤さんってポーカーフェイスの割に結構分かりやすいですよねぇ」
「……その鋭さを他で発揮したらいいんじゃないかな」
「善処しまーす」

勝ち誇った笑みを浮かべる彼女と、僅かに肩を落とす私のところへ、海鮮丼が運ばれてくる。

これで話題が少しは途切れる――なんてこともなく、だし醤油をかけながら、彼女はさらに追撃を加えた。

「たまには工藤さんの恋愛話聞きたいな~」
「私は聞く専門でいいよ」
「ダメです。今日は私が聞きたいんです」

興味津々、話すまでは絶対に引かないことを匂わされ、諦めの溜息が漏れた。

溜息の示すところを察し、「わぁい!」と歓声をあげる彼女。
その無邪気さが、居た堪れない気持ちに拍車をかける。

「面白くもなんともない話だよ。飲んでたらかなりタイプの人がいて、なんとなく流れでそのまま、みたいな」
「わぁ、リアルでそんなことあるんですねぇ……」
「あったみたいだね。自分でもびっくりした。雰囲気と流れって怖いわ」

そう言いつつも、後悔はしていない。成り行きでのいわゆる“ワンナイトラブ”だというのに、自分でも驚くほど気分がさっぱりしているのは、一晩だけとはいえかなり濃密な時間を過ごしたからだろうか。

「詳しく聞かせてくださいよ~」
「今度飲むとき、気が向いたらね」
「ええーっ!」

泥酔しなきゃきっと話せないな、と思いつつ、私は鉄火丼を頬張った。