誰かのためのおいしいごはん〜27歳鉄壁の処女は料理を作れない〜

作品番号 1583654
最終更新 2019/12/20

誰かのためのおいしいごはん〜27歳鉄壁の処女は料理を作れない〜
恋愛・青春

40ページ

総文字数/22,092

ランクイン履歴:総合70位 (2020/01/03)

27歳独身処女。

恋愛経験ゼロ。


私、南澤 奈央は料理を作れない。

誰かを想って作るおいしいごはんを私は作れない。

これからも私は誰も愛することなく、一人雨に打たれて生きる。


ーーそう思っていた。



「そうやって一人で泣かないでくださいよ」


雨の中、彼は私に傘をさした。

愛を知ることなく、生き苦しかった私に光をさしてくれたのは彼でした。

彼は愛をたくさん教えてくれた。

なのに私はあなたを喜ばせることが出来なかった。


「俺はやっぱり奈央さんの作ったご飯が食べてみたい。奈央さんが好きだから……だから奈央さんの作ったものが食べてみたいんだ」


ごめんなさい。

どうしても私は料理を作れなかった。

愛を知れば知るほど、恋しく思うほどに苦しくなった。


だから愛さないで、触れないで。

私は誰のためにもおいしいごはんを作れないのだからーー。
あらすじ
南澤 奈央は社会人歴まもなく10年の27歳であった。

彼女は恋愛経験のない鉄壁の処女であった。

心に深い傷をおった彼女はこの先も誰かを愛することなく生きていくと思っていた。


そんな彼女の前に現れたのは年下の男の子、沢城 健であった。

誰かのために料理を作れない奈央は健を喜ばせることが出来ない自分に苦しんで涙する。

これは料理の作れない奈央がおいしいごはんを作るまでの愛と成長の物語。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop