永遠ノ願ヒ白ム空ノ彼方ヘ

作品番号 1581945
最終更新 2019/12/01

永遠ノ願ヒ白ム空ノ彼方ヘ
ファンタジー

39ページ

総文字数/25,100

ランクイン履歴:総合15位 (2019/12/12)

美空(みそら)は名前以外記憶を失くした。
美空がなぜ記憶を失くしたのか……その答えは『家族』と『プレーヌ』にあった。
美空の悲しい記憶とプレーヌの本当の願いは……。
あらすじ
記憶を失くした美空(みそら)が道端で倒れているのを毒舌で自分が信用していないものには極度の潔癖症の高校生、いすみに助けられる。
空き部屋で見た銀色の髪の見知らぬ男の人、美空を呼ぶやさしい声になつかしい匂いにぬくもり。忘れてはいけないものがあると感じた美空の頭の中によぎる『プレーヌ』という名前。
美空はなぜ記憶を失ったのか
プレーヌの本当の願いとは……。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop