ラブリームーンを抱きしめる

作品番号 1581354
最終更新 2019/11/28

ラブリームーンを抱きしめる
ファンタジー

38ページ

総文字数/22,212

ランクイン履歴:総合41位 (2019/12/10)

孤独な絵の天才と孤独な心に触れたいと彼を見守る女の子。
ふたりを結びつけたのはラブリームーンに囲まれたキャンバスの絵から消えた人物だった。
あらすじ
神月(こうづき)すみれが高校見学の帰りに出会った絵は悲しみや寂しさを訴えるようは冷たい絵。その絵から孤独を感じたすみれは絵を描いた岸田秋(しゅう)の心に触れたいと思い同じ高校に入学する。

岸田秋は孤独な天才だった。

ある日、岸田秋がキャンバスを見て珍しく取り乱していた。その理由はキャンバスから描いたはずの人物が消えたという信じがたい事実だった。

キャンバスから消えた人物とは……。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop