バビロンウィザード ~魔都の陰陽師~

作品番号 1580069
最終更新 2019/12/02

バビロンウィザード ~魔都の陰陽師~
鷹司/著
ファンタジー

47ページ

総文字数/131,142

その姿、容姿端麗にして、眉目秀麗たる美丈夫なり。
その術、十全十美にして、完全無欠の領域なり。
まさに、才色兼備にして、秀外恵中の人物なりて。
されど、その心、清廉潔白や品行方正とは程遠きなり。

陰陽師としては、最上無二にして、当代無双なり。
ただし人としては、遊惰放逸を好み、放蕩三昧の日々を送る。

それがこの男──安倍成明《あべのせいめい》。


☆一話完結の短編集ですが、連作となっていますので、1話から順番に読んでもらえると、よりいっそう楽しんで頂けると思います。

☆作品内の陰陽道ならびに妖怪、呪いに関する描写は、本物と大きく異なり、小説用に創り変えてあります。
あらすじ
女の子が大好きな超絶美形の陰陽師・安倍成明(あべのせいめい)は、魔都『東京』で起きる怪異な事件について、女刑事とともにイヤイヤながら調査するハメになった。

成明の前に立ちふさがるあやかしたちは――。

『式神』、『犬神』、『外法陰陽師』。

対して、成明に協力する仲間たちは――。

『氷の美貌を持つ女刑事』、『双子の美少女』、『十二天将』。

果たして、成明は無事に事件を解決できるだろうか──。

目次

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop