蛹の恋文

作品番号 1579561
最終更新 2019/11/05

蛹の恋文
ホラー・パニック

20ページ

総文字数/18,913

ランクイン履歴:総合10位 (2019/11/09)

とある農村を舞台に織りなす、妖しくも物悲しいホラー風味のファンタジーです。
あらすじ
 遠見紗矢の記憶は七歳から始まっている。父に手を引かれ、屋敷の廊下を歩いている。そこで彼女を待っていたのは、翠という名の美しい少年だった。このときから、紗矢と翠との生活が始まったのだ。
 紗矢には『トオミサマ』と呼ばれるお勤めが待っていた。紗矢の遠見の力を求めてやってくる政財界の重鎮たちがもたらす金品で村は潤っていたのだ。
 紗矢は自分がトオミサマだと信じて疑わなかった。十二歳の夏を迎えるまでは。

目次

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop