薫の携帯に華子からメールが入った。

「今日は退院の日です。

迎えに来てくださいね。華子」


薫は母からの何通ものメールを

見ていた。


「薫、ちゃんとご飯食べてる。」

「薫、病院は退屈だね。」

「ご飯食べてすることない。。」

「明日は高校野球があるね。」

「ちゃんと寝なさいよ。」

「明日は迎えに来てね」


薫はその何通ものメールを見ながら

涙が溢れた。


「ごめんね、、」

「母さんの息子で良かった、、」

「生んでくれてありがとう。」



「母さん迎えに行くからね、、」

玄関を開けると朝の眩しい光が入ってきた。

庭には白い可憐なハナミズキの

花が咲いていた。【完】