男女4人で構成されている大人気バンド『ベイビー・スターダスト』の裏の顔は、世間を騒がせている悪党を相手にピッキングする義賊集団『ピッキング・カルテット』である。
バンド活動と並行する傍らでいろいろな事件に巻き込まれながらも、4人で力をあわせて解決へと導く。
そんなある日、ツアーが終わったらバンドを解散をすることを宗助は告げる。
彼はメンバーを守るために、そして目的を果たすために、解散を選択したのだった。
過去に囚われた宗助を助けるために夏々子、瑛太、桑田は宗助がかつてマネージャーを務めていたバンド『BIRDMEN』と協力をして、彼を救出する。
解散の話はなくなり、『ピッキング・カルテット』もとい『ベイビー・スターダスト』は今日も元気に活動をするのだった。