繋ぎに恋したお嬢様

作品番号 1572694
最終更新 2019/12/12

繋ぎに恋したお嬢様
恋愛・青春

72ページ

総文字数/45,325

ランクイン履歴:総合50位 (2019/10/14)

「あなたに一目惚れいたしましたわ!」


その言葉からはじまった君との関係。

工事現場で働く土埃にまみれた僕の手を、彼女はためらいもなく握りしめてきた。



「私……陸斗の傍にいますわ。絶対に、絶対に離れたりなんかいたしません!」

「お前は主人に懐いた犬か?」

「えっ……!?」


彼に恋したお嬢様の恋はどこまでも熱く、想いを募らせていく。

だけどーー。



「……お前には無理だ。歩んできた道が違いすぎる」



笑って、泣いて、お嬢様はたくさん恋をする。



「私は陸斗が好きですわ。誰よりも、愛してます。あきらめるなんて出来ません」




これは工事現場で働く繋ぎを着た彼に、全力の愛をぶつけるお嬢様の恋物語。



高山陸斗 × 六条鈴華



暑い日差しの下で、彼らの少し変わった初体験がはじまるーー。
あらすじ
ある夏の炎天下のなか、一人場違いなお嬢様がやってくる。

工事現場で働く陸斗に、お嬢様こと鈴華は恋をし、告白をする。


めげることなく陸斗にアタックをしていく鈴華。


少しずつ近づいていく距離につれ、鈴華は陸斗の抱える闇を知る。


拒絶されてもお嬢様は諦めない。


これはお嬢様の一生分の恋物語。

そして陸斗の闇に向き合う許しの物語。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop