もし君に好きと言えたなら

作品番号 1569394
最終更新 2019/08/05

もし君に好きと言えたなら
恋愛・青春

0ページ

総文字数/ 0

「金輪際、私に関わらないで」

(私はもう二度と、彼に好きと伝えるつもりはない)



×


「俺は、片瀬さんのことが――――っ」

(俺はもう二度と、彼女に好きと伝えられない)





〝あの時あんなこと言わなければ
きっと今頃、君の隣に居るのは――――”



表紙:斉木こまり様

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop