男子哲学部の論争

作品番号 1569211
最終更新 2019/09/30

男子哲学部の論争
ヒューマンドラマ

39ページ

総文字数/ 102,686

君は何のために生きている?
あらすじ
 高校生になったばかりの主人公・鹿内光流(かないひかる)は、他者との競争を嫌う内気な性格であるため、周囲からはつまらない奴と思われ、親しい友人のいない寂しい人生を送ってきた。そんな彼を勧誘したのが男子哲学部である。
 部の主な活動内容は議論であり、議論に勝敗はない。哲学に絶対的な答えはなく、そこに優劣はない。競争嫌いの主人公はそんな哲学に惹かれ、入部を決意する。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop