アカリの周りで、物がなくなりだした。

しかしブレスレットの効果が切れているわけではない。
アカリの物は何もなくなっていなかった。
かと言って、抑えられている不幸が周りに影響しているわけでもなさそうだ。

しかもなくなっているのはペンやクリップなど、ちょっとしたもの。
いつも物を失くす側だったアカリが、少しだけ不思議そうに、でもあまり気にしていないように言っていた。

「変だとは思ってねぇの?」

「だって、誰だって物くらい失くすでしょ? それが連続したから、ちょっと話してみただけ」

そう言ってアカリはごはんを口に運ぶ。

今日の夕食は和食だ。魚や味噌汁、和え物と米。
子供舌だとアカリによく言われるホタルだが、和食も美味しい。
アカリの作る料理が好きなんだな、とホタルは納得する。